FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震

今朝方、雪が降っていたのだけど、午後になって陽射しも出てきたので、ひさしぶりに息子とキャッチボールをしました。

私はギックリ腰で毎日うなっているのですが、なぜかキャッチボールは全然痛くなく、気持ちよく投げれました。

ずいぶん久しぶりにやったのですが、息子は以前よりも投げるフォームも捕るフォームもよくなり、うれしくなっちゃいました。

早く、グランドでやらせてあげたいなぁ。。。

--------------------
おととい、一缶、灯油を買いました。(18リットル1800円ですって!!)
これで地震前からあった一缶と合わせて、ポリタンク2個、満タンにあります。
もったいなくてファンヒーターをほとんど使っていないので、しばらくは安心です。

寒くてガマンできないときは、コタツなのでした。。。

--------------------
そういえば、
スーパーなどの行列も少なくなってきましたね。
先日も、飯坂町のスーパーが10時開店だったので、9時半ころ並びに行ったのですが、当初の10分の1以下くらいだったかな。
商品も、個数制限はあるものの品数もぐっと増えて、2週間ぶりに納豆も牛乳も買うことができました。
いまのところ、もうあせって並んで先を争うように買う必要はまったくないと思います。

何回か行列に並んで感じたのですが、品数が少ないので個数制限をするのも仕方ないことでしょう。
売り切れたらオシマイ、ってのもしょうがないでしょう。
長ーい行列で順番待ちもしょうがないでしょう。
そんな中で困った、というお話。

小さい子供連れや老人、動けない人。
どうやって買い物したらいいのでしょう。

お店がそこまで気が回らないのも仕方ありません。
でも、気を回してください。
モノがあっても買えない。
やっと順番が来ても、もうモノはない。

そういう人たちは「食うな」ってこと?

そんなことは誰も思ってないですよね。
別に列を作らせるとか、優先させるとか、何かしら手はあるはず。
これからもこんな事態がないとはいえない。

大変かとは思いますが、常に有事のことを考えてほしいものです。




24日くらいから、何とか仕事してます。m(__)m



スポンサーサイト

東北地方太平洋沖地震

気がついたら、自宅の周りの何件かもどこかに避難してしまったようだ。

日中は気がつかなかったが、夜になってもどこの家も電灯がつかない。
ちょっと覗いてみたら、防犯のために台所の電灯やテレビをつけっぱなしにしてあるだけで、人の気配がまったくない。
電柱の街灯もついているのだが、なんだか暗い。




さびしーなぁ・・・。





と同時に切なくなった。

こんなとき「よしっ、じゃあ逃げよう。」
と家族を引っ張れない自分の不甲斐なさ。
まぁ、無理して避難する状況でもないので、その点についてはどってことはないのだが、なーんかさみしい。

---------------
本格的に風評被害が始まってしまいました。
このままだと、福島県をはじめとする近県、隣県の農業漁業は完全にだめになってしまいます。
嫁さんの実家も農業。
米や桃が売れなくなったら、どうやって生活していけばいいのか。

東電よ、政府よ。

ちゃんと、100%補償しろよ。




明日22日(火)は、小学校に行って、地震当日に置いてきた、子供の荷物を取りにくるようにメールが来てたなぁ。
みんな来るのかなぁ。
みんな元気かなぁ。

学校、始められるのかなぁ。



ソフトボールできるのかなぁ。
みんな一生懸命に練習してきたのに。
外で運動できるようになるかどうかもわからないし。





どう考えても涙がにじんでくるし。。。

東日本太平洋地震

昨晩、水道が回復した。(*^。^*)

さび臭く、まだ飲める状況ではないが、洗濯やお風呂に入れるだけでもとてもありがたい。

これで、電気、ガス、水道の基本的なライフラインが無事開通したわけだが、まだまだ問題は山積み。

まず、食料品が品薄。
あいかわらず買占め、まとめ買いばかり。

物流がまったく回復していない。
入ってこない、出て行かない。
(資材が入らない、作っても発送できない。)

どこの誰に聞いても、このままじゃまったく仕事ができない。

ということは、やがて手持ちのお金がなくなる。

生活できない。

んー・・・。

まずい。

とりあえず早急な物流回復をお願いします。

---------------
福島第一原発。

あいかわらず危機的、というより終末的状況。

でも、テレビラジオでも言ってるけど、ほんとのホントに自分の命を賭けて(あるいは賭けさせられて)このありえない状況と戦ってくれている人たちがいる。

自分は何も出来ません。

でも

どうかお願いします。

元に戻らないことはわかっています。

せめてこれ以上にひどくならないよう、何とかしてください。

何をするのかはわかりません。

でも、何とかしてください。

お願いします。   ToT

石原都知事のことば

息子たちが朝から怒っている。





「天罰だ。」





テレビの記者会見で、石原都知事が口にしたらしい。

あなたが誰に対して、どんな意味合いで言ったかはわかりません。

でもね、





いま言うことじゃないでしょ。






あなたは今、口うるさい、ただの「クソじじい」になっています。

東日本太平洋地震

11日の地震当日。
夕方、とりあえず食料品の買出しに行こうと玄関の戸を開けたら・・・。





横殴りの吹雪でした。





自分が知る限り、今期一番の吹雪らしい吹雪です。
マジでこの世の終わり、と思いました。
短い時間で止みましたが、こんなに不安で暗ーい気持ちになったのは、生まれて初めてかもしれません。

今日は16日(水)、予定より2日遅れての息子の県立高校入試の合格発表日。
せめて合格して、少しでも明るい材料になってほしいなぁ・・・と切願するのでした。。。

東北地方太平洋沖地震

書きたいことはたくさんあるけれど・・・。

みんな生きててよかった。

みんな無事でよかった。

あんなすごい地震だとは想像もできなかった。

過去にはテレビで幾度もその光景は見た。

日本も外国も。

まさか自分たちがその目にあうとは。

状況を刻々と伝えるラジオを聞きながら、心の中で泣いた。

一晩中、懐中電灯のなかで、電気のつかないコタツに家族5人で寝ながら、不安でラジオを消すことができなかった。

ありがたいことに電気もガスも復旧しているが、水はまだ使えない。

地震だけで終わりではなかった。

もっと問題なのは原子力発電所。

メルトダウンも始まってしまったようで、これからいったいどうなるのか。

日本の歴史が、地球そのものが終焉にならないことを祈るしかない。

あまりに大きすぎる犠牲をどう受け入れるのか。

亡くなられた方、ご遺族には心よりお悔やみ申し上げます。

そして地震に関わった、これから関わるであろう全ての方に感謝の気持ちと期待の気持ちを送ります。

プロフィール

山岩とおちか

Author:山岩とおちか
地元の摺上川は完全に禁漁になってしまいました。 なので、今年はカメラにのめり込もうかな、と。
\(-o-)/

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
来てくれてありがとう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。