渓流釣り クマだぞーっ\(◎o◎)/

今日は、先日も行った天戸川の、いつもよりもずーっと上から入ってみました。
(川の名前書いちゃったし・・・。)

目的の地点にはすでにクルマが1台。
そのちょっと下に止めて歩きます。

遠いわぁ・・・。

川までこんなに遠いとは思いませんでした。
降りるのはまぁいいとしても、帰り道はつらいだろうなぁ、と思いながらてくてくと降り続けます。
20分?30分?ほどでやっと流れに到着。
こーんな山奥なのに、古い護岸があってなかなか水に入れません。
2-300mくらい下って、やっと水に入ります。

ミミズをつけて振り込んで、わずか2投目。
さっそく1匹目がかかります。
P1030128_R.jpg
ここまでくると釣り人は少ないのでしょう。
流したら流しただけイワナが掛かってきます。

1匹目をすくったときにタモに入った川虫をつけて流したら、即ヒット。
この川の下流、中流域では考えられません。(*^。^*)
P1030127_R.jpg

でも、あんまし大きくないなぁ、と欲を出してもう一度流したら・・・

P1030131_R.jpg

(*^。^*)

きましたわ!
ひとつのポイントで結局4匹。
この後もちっちゃいのがポンポン釣れて、27-29センチも3匹ほど釣れました。
こんなところでした。
P1030129_R.jpg

ずーっと上にあがって行くとアタリも少なくなりつまんないなぁ、と思っていたら、目の前に巨大な2段砂防堰堤が出現。
(写真の堰堤は違いますよ。もっと上流ね。)
ずいぶん粘りましたが、18センチ1匹でオシマイ。

時間に余裕をもって早めに戻ります。
水質のせいか、岩が赤っぽくなんだか滑りやすかったのですが、とてもいい沢でした。
山奥まで来て、釣れて良かった。(*^。^*)

---------------
さて、私が今日、今、こうしているのは奇跡です。
何のことだかわからないでしょう。

実は今日、

熊に襲われました。

ワケあって、ケガもしませんでしたが、ヘタすりゃ完全にあの世行きでした。。。
これを武勇伝にして、ますます釣りにのめり込む、なんてことは私にはできません。
しばらく山奥の渓流は止めておこうと決めました。
(カミさんにも怒られましたし。。。)

以下、顛末を書きますので、おヒマな方は読んでください。

---------------
2段の巨大砂防堰堤を終えて、元の来た道を探したのですが、完全迷子。
どこから降りたのかぜんぜんわからなくなりました。
行ったり来たりを繰り返しましたが、結局わからず。
仕方ないので一山越えることにしました。
その山を越えると、間違いなく道路に戻れますので、その点は心配なし。
急なので、登るのは大変ですけどね。。。

ヒーヒー言いながらどんどん登ります。
そのうち降りた道に出るさ、と登りますが、その道の気配はまったくなし。

気がつくと、あちこちの樹木にクマの爪痕があるのを発見。
「おぉー、初めて見たぞ。ほんとにすげーな。」
とか言いながら登りつづけます。

そのうちに気がつくと地面にも新しい足跡が増えてきました。
まずいことに「ケモノ道」を登っていることに気がつきました。
明らかに「休憩」したであろう場所も発見。

最近、熊鈴は持って歩かないので、笛をずいぶん吹いていたつもりだったんですけどねぇ。

登っている斜面はホントに急坂なんですよ。
草着きや木枝をつかんでいる手を離したら、転がり落ちてしまいそうなくらいです。
尾根まであと一息かな、というところの斜面で木をつかんで休憩しようと思ったら・・・

イ・キ・ナ・リ・・・・・・

左側から

グフーッ グフーッ って

何(?_?)






ウワーッ! ウワーッ! ウワーッ!
\(◎o◎)/






熊だ、くまだ、クマだーっ!

牙こそ剥いていないものの、あきらかに怒りと恐怖に満ちた表情で突進してくる。

ヤバイ

と思う間もない瞬間・・・
熊は転がり落ちていってしまいました。
数十メートル?
もっと?

その距離、4-5m目の前。
ほんとにすぐ目の前。
あまりに急な場所で、あわてていた熊も状況判断が甘かったのでしょう。

私は・・・完全思考回路停止状態。
とりあえず、と思っていたら・・・

グフッ グフッ グフッ

と荒い鼻息がどんどん戻ってきます。(@_@;)
さすが4つ足。
こんな急坂をものともせず、あっという間に戻ってきました。

私は・・・完全に固まりました。

熊は、自分のお気に入りポイントまで戻り、ずっとこっちを見ています。
ころげ落ちた時にどこか痛くしたんでしょうね。
15mくらいも離れているのに、「ペチャペチャ」と(たぶん痛くしたところを)なめる音がはっきり聞こえます。

私がどんなに笛を吹いても、「ウガーッ」とか奇声をあげても、ぜんぜん怯む様子がありません。
それどころか、目の前の樹木にスイスイと登ったあげく、「グフーッ グフーッ」と警戒しています。

もうダメだと、本気で思いました。
警察に救助ヘリコプターの要請をしようとも考えました。
もう一度、襲ってきたら覚悟を決めよう、とも考えました。

20分くらいだったでしょうかね。
小康状態が続いた後、熊の様子を見たら、なんとなく向こうのほうにいったような感じがしました。
腰が抜けた、わけではありませんが、熊の姿が見えなくなったからといって、すぐには動けません。
ガサガサの音を聞きつけて、また戻ってくるかも知れない、と考えると、恐ろしくて動けなかったのです。

それでもなんとか逃げなくては、と思い、少しずつ、本当に少しずつ急斜面を後ずさりして、右手側の背の高いイタドリの茂みの中に姿を隠すことができました。
これで、20m以上も離れたはずですが、気がつくとまだ「グフーッ」という鼻息が聞こえてきて、恐怖を感じます。
姿を隠しても足音がなるべくしないように、少しずつ少しずつ離れて距離を離します。

まずいっ、右手からも熊の鼻声が聞こえる。
絶体絶命だわ。
と思ったら、沢のカエルの鳴き声でした。
恐いときはなんでも恐く感じるんですね。

どこまでもゆっくりゆっくり、と距離を離します。
ここまできたら、足音も聞こえないだろうし、姿も見えないし、と後ずさりから一気に登り始めました。

はぁ?

なぜか古ーいタイヤが捨てられてある。
なぜか空き缶も一個。
ということは目の前が道路。

やったーっ。
無事逃げられた。
山越えしなくても良かったのね。
着いた場所は、車を止めた場所から数百メートルも下。
山で迷うって本当に恐いですね。

クルマに到着するまでも気を抜くことができず、笛吹いて、声出して、笛と箱をぶつけてカンカンを音を出して、やっとのことで戻りました。
あそこでもし熊が斜面を転げ落ちなかったら、今頃ワタシは少なくとも病院行き、最悪熊にやられて斜面を落ちてあの世行き、になってしまうところでした。
今家の中で思い出しても、ゾワゾワしてきます。

もともと、熊の生息地に入った私がいけないので、熊に文句はありません。
道に迷って無理な山越えを考えたり、熊対策をしっかりとしなかった私が悪いだけです。

でも・・・

やっぱり熊には出会いたくないです。
二度と会いたくありません。

熊よけグッズも万全ではありませんし、持っていても万一のときには素人では役に立たせることはできないでしょう。
なので、いずれはともかくとして、しばらくは山奥に行くのはやめます。
せめて今後は単独行動釣行はやめて、二人以上での釣りにしないと恐ろしくて山には入れません。
ワタシって意外に小心者、臆病者なのですよ。

山奥に入る釣り人さん。
熊に限らず、ホントに気をつけて楽しみましょうね。
あの辺に行く人で心配な方は、熊のポイントを教えます。
あの様子からだと、完全に常駐場所のようです。
逃げる途中には、熊穴みたいのもあったし。
まぁ、通常あそこを歩く人は100%いないでしょうけど。。。
(山菜採りと釣り人だけだわ。 あとは猟師さんか。)

・後日気がついたのですが、どう考えてもあそこは猟師以外は歩かないところです。 
まったくの原生林です。
無茶して登ってきた私がウルトラバカなだけでした。。。(5月30日)

今日は、泣きそうなくらい恐かったです・・・。(ToT)


スポンサーサイト

渓流釣り おもしー自販機

急ぎの仕事中なのですが、軽く一段落ついたので、ちょっとお出かけ。。。

何日か肌寒い日が続きましたが、今日は朝からかなり気温高め。
気持ちのいい風景が広がります。
P1030097_2R.jpg

同じ橋の上から松川上流。
P1030098_2R.jpg



この橋を渡った先に、ふと見つけた変な看板。
P1030100_2R.jpg
んん? なんじゃこりゃ。

すぐに引き返して、覗いてみます。
P1030099_2R.jpg
おぉーっ、ホントにいろんなサイダーが売ってるし。(◎o◎)
どこの何があったかは忘れちゃいましたが、見てるだけでも楽しいわ。
(買うには値段ちょっと高め。)

おヒマな方は探してみてください。

P1030101_2R.jpg
反対側。
「の」がプラプラと。。。

P1030102_2R.jpg
いい味出しすぎ。\(-o-)/




さて、気を取り直して(-_-;)、目的の川に向かいます。
去年は何回か来た川ですが、今年は初めて。
チョー人気の川なので、まともに釣っていたらぜーんぜん釣れません。
今日も時間がないので、あまり期待はしてませんが、とりあえず釣りが出来ればいいか、と。。。

おなじみのところにクルマを止めて、さっそく竿を出します。
5分で一匹目。
P1030107_2R.jpg
あれ~?
なんでこんなグッドなヤマメちゃんが釣れるの???
釣れれば文句はあーりませんが、普通は絶対にと言っていいほど釣れないポイントなのに。。。

P1030109_2R.jpg
渓相は抜群なんですけど、あまりの人の多さに、普通はまったく釣れないんですよ。
(と思っているのは自分だけなのかなぁ。)

P1030110_2R.jpg
ここには、いつもヤマメがゆらゆらと泳いでいる姿を見ることができます。






いきなり竿がのされそうに!
こんなときゃ「スレ」なんですよ。 ほとんど。。。






P1030111_2R.jpg
やっぱり。(-_-メ)

時間もないので、どんどん上がります。

一度目は掛からず、二度目に流したらバクッと!
P1030114_2R.jpg
あれまぁ。

このあたりポイントじゃ、またまたお目にかかれないサイズのイワナです。
いつも21センチくらい、っていってばかりなので、今日は22センチくらい、と言っておきましょう。
(*^。^*)



P1030116_2R.jpg
そのあとずーっと何もなく、暗くならないうちに引き返そうとしたとたんにヒーット!

コヤツも22センチくらいだったかな。^_^;

今日はアタリ的には少なかったけど、少ないアタリでもヒット率は抜群で、楽しい釣りができました。
こんな激戦区でも、毎回これだけ釣れたらおもしろいのになぁ。

簡単な川なので、今度は嫁さん連れてこよっと。

【ブログ紹介】 懐かしき国道399号線(茂庭→鳩峰峠)

いい釣り場がないかなぁ、とあれこれ検索していたら・・・

懐かしい写真が満載のブログを発見しました。(*^。^*)

「dark的道部屋」というホームページです。

摺上川ダムの底に沈んだ、もう記憶もほころびがちな当時の風景を見ることができます。

ぜひ訪れてみてください。

なお、現在リンク承認伺い中なので、不承認の場合はこの記事は削除します。


---------------
【dark的道部屋】トップページです。
トップページから「main contents」→「道部屋」をクリック。
「国道」の下のほう・・・

<国道399号線 摺上川ダム建設区間>

<国道399号線 茂庭~稲子(通行止め区間)>

<国道399号線 鳩峰峠>

の各項目をクリックしてください。

---------------


たった8-9年前のことですが、いやぁ、ホントに懐かしいです。

お楽しみに・・・。(*^。^*)

渓流釣り ♪あるう日・・・♪

19日にR399の冬季通行止めが解除になったらしい、とネットで見て、いてもたってもいられなくなり、今日、行って来ました。

なぜそこまで気がもめるかというと、通行止めゲートから行きたいそのポイントまで車ならわずかな時間で行けるにもかかわらず、歩いたらゆうに2時間はかかるであろう距離だからです。
ついでに、そこは去年から狙っているポイント。
荒らされる前になんとしても先陣を切りたかったんです。。。(^_^;)

3時半には目が覚め、4時40分には流れの中にいました。
相変わらずこのポイントに降りるのは、ひと苦労です。

思ったとおり水が少なめで、かなり歩きやすくなっていますが、元々険しいところなので、上流に向かうにはそれなりの度胸、根性、脚が必要です。
(ワタシの脚は老化でカクカクですけどね。)

水がまだまだ冷たいです。
ずっと入っていると、だんだんカラダが冷えてきて寒さに凍え、ヒザがカタカタいいはじめます。

ホントに寒いっすよ。
なので、魚の活性も低く、あまりエサを追わないし、すぐそばまで立ち入っても気がつかないでいたりします。
P1030023_R.jpg
なんだかカジカみたいですが、足元で気がつかずにいるイワナちゃんです。(◎o◎)



さて、最初の獲物はコイツだーっ!
P1030019_R.jpg




29センチですわ。(*^。^*)
やっぱし最低でもこれくらいないと、釣れたーっ、って感じは薄いですよね。。。
P1030021_R.jpg




で、狙いの2段滝。
P1030024_2_R.jpg

去年まであった太い大木はどこかに押し流され、新しい倒木が淵に覆いかぶさっていました。
寒さで脚のあがらぬままになんとか高巻き、淵の上側から覗き込むと・・・

いるいる(*^。^*)

去年見たほどには大物はいないようだけど、それなりのヤツが2-3匹ユラユラしている。
でもね、見えるヤツは釣れないのよ。
30分近く粘ったけど、狙ったヤツじゃない、20センチくらいのが掛かったとたんにみーんな雲隠れ。

だめだ、こりゃぁ。。。

まぁ、気を取り直して上流にあがります。
いつもは釣れないポイントでもまあまあのヤツがポツポツと。
P1030028_R.jpg
21センチくらいのヤマメでっす。

P1030029_R.jpg
同じく21センチくらいのイワナでっす。

途中こんなん出ましたけど・・・
P1030033_R.jpg
小さいケモノと勘違いしてましたけど、あとから見直したらどう見ても




クマだわ。\(◎o◎)/





それも子グマ。
それもチョー真新しい足あと。




やべーっ・・・(-_-)zzz





そのあとも釣り上がるも、集中力ゼロになりまったく釣れず。
約8時間の釣りも終わりです。

何匹釣れたかなぁ。
4-5匹かな。
少ねーの。。。
まぁ、釣れたからいいか。




P1030034_R.jpg
帰り道にある水飲み場。
手前の囲いが流れから遠すぎて、手洗いも水飲みもむずかしい、イジワルな場所です。



P1030037_R.jpg
谷底は寒かったけど、道路は暑いくらい。
気持ちいいなぁ。。。

P1030038_R.jpg
このすごい風景も変わってないです。




P1030039_R.jpg
そうそう、穴原の上の崩落迂回現場。
こんな道を迂回しています。
写真じゃわかりにくいですが、相当に急な坂道です。

来ないで下さい、と標識にも書いてありますが、2t車以上のトラック、車高の低いクルマはホントにだめですので、来ないでください。

トラックは180度ターンのカーブを曲がりきれません。
100%絶対に落ちます。

車高の低いクルマ。
カメさんになります。

11月には国道が通れるようになるらしいので、それまでガマンしましょう。(^_^;)





もすこし大きいの釣りてーなぁ。。。


柔道事故

なんで?

未必の殺人罪でしょう。

だからこういうことが減らないのに。




ケガをするかもしれないなぁ。

ヘタしたら死ぬかもしれないし。

まぁ、だいじょうぶさ。

最初に気合入れとかないとね。



それっ  それっ  うりゃーっ   って。




何を思い、何を考え、何のためにこの男は動いたのか。



子供はまだ気がついていないだろう。

両親は一生、重責に耐えなければならない。




私は耐えることはできない。


--------------------
BIGLOBEニュース
--------------------
足払い繰り返し小1男児死亡 柔道指導者を略式起訴
(クリックするとBIGLOBEニュースにとびます。期限切れなどリンクが切れていることがあります。)

産経新聞5月17日(火)23時4分[.] 大阪市此花区の整骨院で昨年11月、柔道の練習中に小学1年の男児=当時(6)=が死亡した事故で、大阪区検は17日、業務上過失致死罪で、同院の柔道教室の男性指導者(36)を略式起訴。大阪簡裁は同日、指導者に罰金100万円の略式命令を出した。

 起訴状によると、指導者は、男児が受け身を十分に習得しておらず、立ち技の稽古をすれば頭が揺さぶられ、けがをする危険があったにも関わらず、昨年11月10日、整骨院1階の柔道場で、繰り返し足払いなどの立ち技をかけ、同17日に左急性硬膜下血腫による脳腫脹(しゅちょう)で死亡させたとしている。

 指導者とともに、業務上過失致死容疑で書類送検された整骨院の男性経営者(37)について、区検は同日付で起訴猶予とした。

Copyright 2011 SANKEI DIGITAL INC.

放射能の影響を・・・

心配しなくていい、ってのはいいなぁ。。。

お仕事の現調で、米沢市の先、飯豊町まで行ってきました。
新緑萌ゆる山並みの遥か遠くに、まだ真っ白に雪が残る飯豊連峰の雄姿が見え隠れする、チョー気持ちのいいドライブでした。(仕事だっちゅーに。。。)

現調のお店に隣接して小学校、幼稚園がありました。
福島の各学校の校庭では、屋外活動禁止状態ですが、ここ飯豊の学校はそんな規制もないのでしょう。
子供たちの元気でにぎやかな声が響きわたり、とても心地よく脳神経を刺激します。
(*^。^*)
こちらでは、放射能の心配なんてぜんぜん必要ないんでしょうね。
いまの福島市から見たら、涙が出そうなくらいうらやましい限りです。

現調自体は1時間程度で終わり。
帰り道、せっかく来たんだからね、とやっぱり渓流に。。。

ホントは別の川に行きたかったのですが、4時半から打ち合わせがあったので仕方なく一番容易なところへ。(いま12時半だし。。。)

ここは何年か前にも来たけれど、ぜーんぜん釣れないところです。
入る人が多すぎなんですねぇ。
とりあえず竿を出せればいいわけで、ちゃっちゃっと準備して川に入ります。

案の定




ぜーんぜん釣れません。





釣れないっちゅーより、アタリも全然無し。
こういうときはホントに疲れます。

ポイント的には、けっこうおもしろいところが多いんですけどねぇ。
P1020305_R.jpg



P1020306_2R.jpg
上の写真の橋のすぐ上流側。
以前の橋の橋げただったんでしょうね。

こんないいポイントもアタリなし。

ここを上がったところでようやくアタックが・・・
P1020307_R.jpg
やっと釣れたーっ\(*^。^*)/!

ちっちゃいけどまぁ良しとしましょう。



P1020308_R.jpg
ずーっと向こうに見える取水用堰堤まで期待するも、なんもなし。

1時間半でアタック2回だけ、掛かり1匹で終了ーっ。

さみし。。。




P1020309_R.jpg
このあたりの川なんですよ。。。

ふぅ。。。


田植えだぞーっ!   疲れたわ。

P1020289_2R.jpg
昨日は何でもなかったのに、

腰は痛いわ、お尻からふとももの裏側にかけて痛いわ、天気良すぎて日焼けして気持ち悪くなるわ、でさんざんな田植え手伝いも今日で2日目。^_^;

昨日は午後3時ころからいきなり台風みたいな強風が吹きまくり、大変な状況だったのですが、今日は朝からとってもいい天気。

作業もどんどんはかどり、一日予定が午前中の半日で完了。

お昼をいただいて、ゆっくりして、帰りました。。。

さて、今年のお米はどんなできばえになるんでしょうか。

放射能で摂取制限、なんて言われた日にゃ、米代といっしょに2日分の手伝い料も補償請求しちゃるぞ。。。





マジで疲れましたわ。(ToT)/~~~


今年も田植えだーーーーーっ!   ょ。

疲れましたわ。
写真、撮れませんでした。
明日もあるので、なんかは撮ってきまする。




疲れた。。。 (-o-)


今日も福島は気持ちいいなぁ

P1020241_R.jpg
さっきの記事に使う吾妻山の写真を撮ったついでに、風景写真を一枚。
まぁ、ヘタピなアングルはお許しを。。。
気持ちの良さだけわかってくださいな。

右は吾妻山、一切経。
真ん中は安達太良山。
左はじは信夫山。

こんな当たり前の風景が、なんだかいとおしくなってしまうこの頃です。(-_-)



P1020244_R.jpg
北幹線も気持ちいいシーズンまっさかりです。
(60km走行中の撮影なんで、相変わらずヘタピはお許しを・・・。(-_-メ))




北署前交差点を右に曲がると、北署ウラの広~い空き地に、プレハブの仮設住宅を建設中です。

P1020245_R.jpg

すんごい数です。
もっと驚いたのは、最近のは同じプレハブでも「完全プレハブ」なんですね。
以前のタイプのように、現場で柱組んで、パネルはめ込んで、屋根かけて、なんてことやってません。
見栄えも(たぶん)性能も、飛躍的に良くなっているのだと思います。
メーカーの工場ですでに粗方組みあがっているものを1棟ずつ4t車に載せて次々とやってきます。

現地で、エアコンや屋根を組み上げて、レベルを出してある基礎の上に置けば設置完了。(たぶん)
1棟あたりの職人さんの数が10人程度みたいで、仕上げはチョー早いようです。(*^。^*)
P1020247_R.jpg
警察署のそばなんで安心だし、小学校、中学校も比較的に近いし、買い物は・・・歩きだとちょっと時間はかかりますが、環境的にはとてもいいところです。
できればこんなよその土地に住むことさえないほうがいいに決まってますが、現実問題そんなこと言ってる場合じゃないですからねぇ。

金銭的なご心配等尽きないことでしょうが、しばらくは福島市民であってください。
福島市民って少し閉鎖的なところがあるので、時には不愉快な思いをされることもあるかも知れませんが、決して悪気があってそうしているわけではないので大目にみてください。
m(__)m

夏はクソ暑く、冬はチョー寒い気候もまぁ大目に・・・みれないかも(@_@;)

困ったことがあったら遠慮なく言って下さい。




時間はかかるかも知れません。

でも

なんとかなりますよ。 きっと。




なんとかなっぺ福島



かな ^_^;

吾妻山がなーんか変・・・だと思う

P1020238_R.jpg
3月11日の大震災のあと、ふと気がついたことがあります。

福島市の名峰、吾妻山。
2008年に水蒸気が噴出すようになって久しいのですが、震災以降、写真のような感じになっています。

何が変だと思うのかは、その水蒸気のカタチです。

TS3H0441.jpg
以前はこんなカタチだったんですよ。(写真は噴出が始まった当時のものです。)
最近は一枚目の写真のように、広がったままというか、量そのものが少なくなったというか、なんかベターっとしてます。

実を言うと、今日9日の午前中の早い時間には久しぶりに立ち昇る姿を見ることができたのですが、数分もしないうちに気がついたら、またベターっと。。。

知人にも聞いてみたら、「私も、私の家内もそう思っていたんですよ。」って。

見間違い、思い違いじゃなかったんですね。

いきなり大噴火\(◎o◎)/

なんてことにならなきゃいいんですけど・・・。

飯坂スポ少 練習日

Oさんと、初の山菜採り。

タラの芽もコシアブラもハリギリもわかんない、ってんだから困っちゃうわ。

オススメの板谷に向かうも、先行者が下山してきて

「まだ早くてダメだわ。」 って。

見回してみたら、ホントにまだ採れる状態になってません。

いつものシーズンよりも1週間以上も遅れています。




前会長「原発のせいだべ。」




んなわきゃねーべ。。。 ワタシ。




仕方ないので数百メートル下って別のポイントに行ってみたら、あるわあるわ。(*^。^*)
タラの芽こそ採りきられてダメでしたが、コシアブラもハリギリもチョーベリグーなやつがまさに採り放題!
P1020232_R.jpg
この写真のは比較的ちいさめだったですけど・・・。

P1020233_R.jpg
いいっしょ。(*^。^*)



五色温泉に上がっていくほうに、タラの芽のいいポイントがあるので移動。
採り始めようとヤブに入った途端に、ポツポツと雨が。。。

しばらくするとザーザー降りとなり、
さらにいきなり



ゴロゴロゴロっ!



カミナリは鳴るわ、ヒョウが降ってくるわ、とエライ天候変動。
あきらめて退散です。。。

結局タラの芽は控えめサイズが2個だけ。

また来年来ましょうね。 かいちょ。。。

P1020231_R.jpg
一生懸命なOさま。


蔵王エコーラインをドライブ

5日(木)は、家族でドライブに出かけてきました。

地震だ、放射能だ、ってイヤなことばかり続き、マジで気が滅入っていたので、みんなで気晴らしです。

白石インターから下りて、途中「トーホク○○社」さんはあそこだよ、って家族に教えながらまずは遠刈田温泉に向かいます。

向かう、というより通過地点なのですが、着いてみたらなんかビミョウににぎやか。
無料駐車場を見つけてクルマを降りてお土産買ったり、お肉屋さんで「豚メンチ」買って食べたり、豆腐屋さんで「豆乳ソフトクリーム」買って食べたり。(食べてばっかり・・・)
適当に遊んで、再び出発です。

ワタシの地元、飯坂温泉も普段からこのくらいにぎやかで、人通りがあったら楽しいところなのになぁ・・・。




蔵王エコーラインを登り始まると、しばらくしてガス(雲の中)に入ってしまいました。
今日は、久しぶりに「お釜」を見たいな、と思ってきたので、このガスには少々がっかり。
まぁ、とりあえず行きましょ。

そしたら・・・







P1020192_R.jpg

おぉーっっと。
いきなり青空登場!

気持ちいいっす。
P1020195_R.jpg

P1020198_R.jpg
融けて崩れてきたりしないんですかね?

P1020200_R.jpg
全部、クルマの中から撮っているので、ガラス色が青っぽく写ってます。





肝心のお釜は・・・

P1020205_R.jpg
まだ全面結氷中でしたーっ (ToT)

このあとは、蔵王温泉に直行。
遅いお昼を食べて、「村上康成」シリーズのマグカップを買って、ゆっくりと帰途につきます。

上山から赤湯の手前までバイパス工事が進んでいて、当日もかなりの距離で渋滞中。
旧国道が通れる状態だったので、逆バイパスして渋滞回避。
マジメに並んでるよりは、はるかに早く通過できました。

自宅に着いたのは午後6時。
天気もまあまあ良かったし、気分リフレッシュの目的は無事達成。

また仕事がんばらなくっちゃ。。。

タラの芽 コシアブラ 食ったどーっ!

P1020187_R.jpg
まさに写真のとおりです。(*^。^*)

タラの芽

コシアブラ

タケノコ

シイタケ

ソーセージ

そば(まだ茹でてないし・・・)




うまかったっす。




一番でかいタラの芽。

育ちすぎた「タラの木」、「タラの枝」とはまったく違い、非常におおぶりにもかかわらず、やわらかくてとってもおいしかったです。(*^。^*)

なんか話しによると、明日8日も採りに行くそうで・・・(前会長と)

いい塩梅のが採れるかなぁ・・・。

渓流釣り 釣れないわけだわ

5月3日、なんとなく釣りがしたくなって、ちょっと出かけてきました。

R399の穴原温泉のところは、相変わらず崩落の恐れがあるということで、迂回規制が出たままです。



P1020131_R.jpg

川に入るや否や、速攻でイワナ発見!
(真ん中のピンクのマーカーの真下くらいね。)

この辺のポイントにしては、かなーりいいサイズ。

しかーし、フライを流そうが、エサを鼻先に流そうがまったく動きません。
10分くらい粘りましたが、アキラメ。。。

おまけに、気がついたら下流からフライマンがあがってきて追いつかれ。
「なんだか釣れないっすね。」
というので、あちこちポイントを教えましたが、果たしてそこまで行けたのか釣れたのか?

ワタシは、というと数もでず、サイズもちっちゃいのばかりですが、ヤマメを何匹かはゲット。
P1020132_R.jpg

P1020135_R.jpg

P1020138_2R.jpg

写真では大きく見えますけど、実際は・・・。

途中、フライに出た2匹はいい感じのサイズだったのですが、2匹ともフックからはずれてしまい姿は見られず。




逃げたサカナは大きいんですよっ ^_^;




3時間ほど釣りあがるも、好転見込めずに終了。
川を覗きながら道を歩き戻っていると、後ろからクルマが。

「釣れた? 俺たちも上でやってたけど、その下にも誰かいたしね。 あんまし良くなかったわ。」と。

ちゅうことは自分を含め、この短い区間にいったい何人の釣り人がいたのかしら?

釣れないわけだわ。





帰り道、山奥の広域農道から。
P1020141_R.jpg
この方角から福島市内を見たのは初めてかな。

天戸川に行ってみようかな、と別の広域農道からの風景。
P1020144_R.jpg
別に天気が悪いわけでもないのですが。
黄色くない、黄砂かなぁ? (-o-)

なんか変な感じだったので、今日の釣りはあきらめました。



そういえば、3月11日の震災以来、地元の吾妻山で気になることが。
自分だけだと思っていたら、他にもそう感じている人がいました。
次回に書きまする。。。

タラの芽、コシアブラ

風評被害に負けず・・・



山菜採ったどーっ!
古っ (-_-;)

P1020130_2R.jpg
残りモンなんで、あまり多くは採れませんでした。

P1020127_R.jpg
ハカマ取る前。
りっぱでしょ。




今日は、友人とタラの芽とコシアブラをとりに出かけてきました。
友人の仕事の都合で、出発は午後3時30分。
さいしょ、山形県の板谷まで行ったのですが、まだぜんぜん早くて収穫ならず。
福島市内の大笹生のふくしまスカイパーク付近までおりてきて、ようやく写真ほどの収穫。

ワタシは、育ちすぎて木が高くなりすぎ、誰も手が届かずに残っていたタラの芽をゲットーっ!

友人は、今までワタシが気づかなかった場所にコシアブラの成木を見つけて、一本の木からコンビニの袋に半分ほども食べごろのコシアブラをゲットーっ!

二人とも満足して帰りました、とさ。




放射能?




そりゃイヤですわ。
けどね、これだけの山菜を食ったってなーんも影響ありませんって。
子供たちは、ちがうおかず食べるし。

20年後?

わたしゃ70歳で、放射能に関係なくあの世に逝ってるかもしれません。。。^_^;

ぽぽぽぽーんだわ。

プロフィール

山岩とおちか

Author:山岩とおちか
地元の摺上川は完全に禁漁になってしまいました。 なので、今年はカメラにのめり込もうかな、と。
\(-o-)/

カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
来てくれてありがとう